医療情報・医用画像工学研究室(認識と学習、パターン情報工学) 本文へジャンプ
Activity Report 活動報告
イメージ

          <平成25年度-2013年度->

5月14日(火)
Java Day Tokyo 2013
https://oj-events.jp/public/application/add/64?ss_ad_code=web01

 (このホームページから)
  今、世界で最も活用されているプログラミング言語、Java。
  世界中のエンジニアがJavaを活用しています。Javaの魅力は常に進化を続けていること。
  そしてその進化は、ITが貢献するすべての領域に影響を与えています。
  Java Day Tokyoが目指すのは、より多くのエンジニアに、Javaの価値を理解してもらうこと、
  そして最新のJavaで何ができるのかを理解してもらうことです。
  本イベントには、これからのJavaの方向性を決めるキーパーソンが多数来日し、
  Javaの最新動向と将来を語ります。
  Java EmbeddedからJava SE、Java EEまで、すべてのJavaの最新動向が網羅される
  「Java Day Tokyo 2013」にぜひご期待ください。
 
     ”Java The Night”で小野君と千葉君がプレゼンテーション!   Tue. May 14, 2013
 [ITpro] http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130514/476905/
 [Cloud Watch] http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/event/20130515_599350.html
 [Publickey] http://www.publickey1.jp/blog/13/java_82java_ee_76java_day_tokyo_2013.html
 [NikkeiBP Net] http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20130515/350598/
 [My Navi News] http://news.mynavi.jp/articles/2013/05/16/java/
 キャンパスミニニュース:
   「北見工大医療画像処理研究室+」が日本オラクル(株)主催のイベント
   "Java Day Tokyo 2013"の"Java The Night"でプレゼンテーション

  


5月
・電子情報通信学会,画像工学IE,パターン認識・メディア理解研究会PRMU
 医用画像研究会
MIの合同研究会(宮中君がプレゼンテーション)
日本歯科放射線学会・第54回総会・学術大会(福岡) 
  (早川がプレゼンテーション&座長)

医用画像情報学会・平成25年度年次(第166回)大会(福岡)

6月
The 9th international Bernd-Spiessl-Symposium 2013(BSS2013) 
  Dr. Kober's presentation

6月19日(水) 社会貢献プログラム
  北見市第5民生委員児童委員協議会の視察見学

CARS2013: 27th International Congress and Exhibition of Computer
  Assisted Radiology & Surgery (CARS2013, Heidelberg, Germany
)

  早川がプレゼンテーション2件。座長1時間半。


6月28日(金) 北見工業大学と北海道大学で連携するインターンシップ説明会
  インターンシップ体験報告(董君)

7月27日(土) オープンキャンパス
 情報システム工学科・体験学習

 医療情報・ 医用画像工学実験室(情報1号棟5F)における体験学習の内容
  ・リコー・プログラミングコンテスト・オラクル賞作品の体験。

  ・グラフィックとイメージのプログラミングの簡単な体験。 

  ・脳波計測・分析の見学
  ・KINECTプログラミング
  ・顔認識,瞬きカウンタ,咀嚼カウンタ
  ・マン・マシン・インタフェイス(Wii Remote, ジェスチャー認識,視線解析)
  ・X線CT画像の処理                     ほか

2013年7月 北見市役所・IT企業誘致パンフレットに協力
   


8月
第32回日本医用画像工学会・年次大会(董君)
  8月1日(木)の夕刻,董建さんがでトップバッターとして口頭発表(日本語)。
  場所は,お台場。日本科学未来館のとなりの産総研の建物内。学会は3日まで。

8月3日(土) おもしろ科学実験
 テーマ:天才中学生プログラマー発掘プロジェクト

 場所:医療情報・ 医用画像工学実験室(情報1号棟5F)
 内容:リコー&Java(ジャバ)・プログラミング・コンテストでオラクル賞を獲得した
  小野君が,天才中学生プログラマーを発掘する試みをします。チャレンジする
  中学生とともに,プログラミングの楽しみを共有したいと思います。事前に現在の
  スキルと関心について知らせていただきたいと思います。それに合わせてやって
  もらう内容を検討しますが,まずは何か簡単なGUI(グラフィカル・ユーザ・インタ
  フェース)アプリケーションを作ってもらおうと考えています。もちろん、プログラ
  ミング未経験でも大丈夫です。


9月4~7日
電気学会「電子・情報・システム部門大会」
(開催地:北見工業大学)
  董君と宮中君がプレゼンテーション。

2013年10月1日(火)
チーム「北見工大医療画像処理研究室++」がプログラミングコンテスト
RICOH & Java(TM) Developer Challenge Plus 2013で一次選考通過、
最終選考へ

(リンク先から転載)
 プログラミングコンテストRICOH & Java(TM) Developer Challenge Plus 2013は、
プログラム言語Javaによるプラットフォーム上でビジネスアプリ開発の発想と技術を
競います。主催者である(株)リコーが独自の開発環境キットを提供して行われます。
昨年度、本学から初参加のチーム「北見工大医療画像処理研究室+」は、Javaの
先進的技術を取り入れたプログラミングが高く評価されて「オラクル賞」を獲得しました。
 2013年10月1日(火)、チーム「北見工大医療画像処理研究室++」のもとに一次
選考通過チームに選ばれたとの連絡が届きました。チームメンバーは、情報システム
工学科4年の小野貴史君(代表者)、3年の川村友悟君、中村隆三郎君、渡邊寛謙君
と昨年度のリーダーである千葉優輝君(北海道大学大学院情報科学研究科複合
情報学専攻)の5名で、指導教員は情報システム工学科の早川吉彦准教授です。
(以下,リンク先を参照してください。)

 

2013年11月13, 14日
第51回全国大学保健管理研究集会(長良川国際会議場,岐阜)


11月~12月
99th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society
 of North America (RSNA2013, McCormick Place, Chicago)

  董君と宮中君がプレゼンテーション。Mobile Connect Theaterでプレゼンテーション。

2013年11月~12月 第99回北米放射線医学会年次大会
99th Scientific Assembly and Annual Meeting of Radiological Society
 of North America (RSNA2013, December 1-6, McCormick Place, Chicago)

  董君と宮中君がプレゼンテーション。Mobile Connect Theaterでプレゼンテーション。
  世界最大級の学術大会,北米放射線医学会年次大会。
  今回は特別に,新企画”Mobile Connect Theater”でのプレゼンテーションを
  依頼されました。火曜日の午前と午後に2回。




第99回北米放射線医学会年次大会(RSNA2013)の"Mobile Connect Theater"で
本学大学院生がプレゼンテーション

(リンク先から転載)
北米放射線医学会(Radiological Society of North America)年次大会は、毎年
サンクスギビングの翌週に行われるシカゴの恒例行事で、放射線医学、医学物理学
および医療情報学分野の大規模な国際会議 です。毎年参加者は5万人を超え、
約5,000件の学術発表がありますが、演題の採択率は約40%です。今年の機器展示
会場には665社がブースを構えて 出展していました。
(以下,リンク先を参照してください。)





2014(H26)年1月30日(木)
「オラクル賞受賞報告会」のご案内
 2014年1月21日、プログラミング・コンテストRICOH & Java(TM) Developer Challenge Plus
2013の最終選考会で、チーム「北見工大医療画像処理研究室++」(情報システム工学科
4年の小野貴史君、同3年の川村友悟君、中村隆三郎君、渡邊寛謙君)は「オラクル賞」を
受賞しました.チームとしましては2年連続の受賞です. つきましては、情報システム工学科
主催による「オラクル賞受賞報告会」を下記のように開催致します。是非ご参加ください.
記  日時:2014年1月30日(木)午後3時~  場所:B214ゼミ室


&マスコミ取材2件。「焼肉のほりぐち」で、和牛の一皿、お祝いにいただきました。うまかったあ。


2014(H26)年1月21日(火)

チーム「北見工大医療画像処理研究室++」が,東京・お台場の
日本科学未来館のみらいCANホールで開催されたプログラミング
コンテストRICOH & Java(TM) Developer Challenge Plus 2013の
最終選考会で「オラクル賞」を獲得。2年連続受賞。


キャンパスミニニュース(2014/01/28掲載)
RICOH & Java(TM) Developer Challenge Plus 2013の最終選考会で
「オラクル賞」を獲得


マイナビニュース 【レポート】(2014/01/23掲載)
http://news.mynavi.jp/articles/2014/01/23/ricoh_java2013/
ソーシャル活用で革命を!! - RICOH & Java Developer Challenge Plus 2013


コンテストRICOH & Java™ Developer Challenge Plusのホームページ:http://www.ricoh.co.jp/javachallenge/




2014(H26)年2月3日(月) 「経済の伝書鳩」掲載
北見・網走・オホーツクの日刊フリーペーパー「経済の伝書鳩」(2014/02/03掲載)

学生プログラミングコンテスト2013 北見工大チーム、2年連続「オラクル賞」受賞

  



2014(H26)年2月8日(土) 「北海道新聞・オホーツク版」掲載
2年連続:北見工大オラクル賞:プログラミング技術評価、紙とウエブ広告連動
  



コンピュータサイエンス研究発表会,2014(H26)年2月20日(木) 3年生の発表会
 オラクル賞受賞作品「Cafe System」: Overview(渡邊寛謙)
 オラクル賞受賞作品「Cafe System」: Webページエディター(中村隆三郎)
 オラクル賞受賞作品「Cafe System」: Androidアプリケーションとサーバ(川村友悟)

卒業研究発表会,2014(H26)年2月21日(金)
 オラクル賞受賞作品「Cafe System」: ビジュアルサーチエンジンの開発(小野貴史)
 Resource Description Frameworkを用いた分散型医療データベースの構築と
   その検証(篠田真理)
 定常状態視覚誘発電位(SSVEP)を用いた視覚認識時における脳波パターンの
   抽出(尾上貴俊)
 多様化するファッションに対する曖昧な嗜好の認識と反映(井下友里)
 3Dセンサーを用いたカーリングのスウィープ技術の解析(廣瀬明依)



2014(H26)年2月21日(金) 市民フォーラム

  


2014(H26)年2月26日(水) 「北海道新聞全道版・経済面」掲載
広告アプリ開発に賞:北見工大2年連続(地域けいざい欄)
  


2014(H26)年3月8日(土) オホーツク医学大会

 

第7回オホーツク医学大会で2演題の発表を行った。4年生の女子学生2名が
口頭発表を行った。 ポスター(B1サイズ用)も同時に製作した。

1.カーリングのデリバリーとスウィーピングのバイオメカニクス
  北見工業大学工学部情報システム工学科 ○廣瀬明依、早川吉彦
                      共通講座   柳  等

2.Resource Description Frameworkを用いた分散型医療データベースの構築とその検証
  北見工業大学工学部情報システム工学科 ○篠田真理、早川吉彦
  北海道大学大学院情報科学研究科       千葉優輝



          <平成24年度-2012年度->
4月12日(木)~15日(日) JRC2012で発表
第103回日本医学物理学会学術大会,パシフィコ横浜・会議センター
 (12日(木),Dong君が日本語で発表)

4月13日(金) Medical Imaging Technology誌に受理されていた論文が公開されました。
 JAMIT会員の皆様
 Medical Imaging Technology誌のVol.30, No.2 (2012)が公開されました。
 本号はMIT誌初の試みであるシステム開発論文の特集号です。どうぞ、ご閲覧
 下さいますようお願いいたします。アクセスのURLは、以下のとおりです。
 http://www.jstage.jst.go.jp/browse/mit/30/2/_contents/-char/ja/
  第 30巻第 2号 (2012)================
  <特集/システム開発論文>
  ‐序 文‐……湯浅 哲也・木村 裕一…… 63
  瞬き波形を検出するための画像処理によるVDT作業時における瞬き回数の計測
  ……阿部 恒介・董 建・早川 吉彦…… 65
  以下,略
  ===2012年4月12日 Medical Imaging Technology誌 編集委員会編集部
 阿部恒介,董建,早川吉彦.瞬き波形を検出するための画像処理によるVDT作業時に
 おける瞬き回数の計測.Medical Imaging Technology(日本医用画像工学会雑誌)
 Vol.30, No.2: 65-72, 2012-April.


4月16日(月) 奨学・奨励賞
D1(医療工学専攻)の董君が,「平成23年度・奨学奨励賞」に推薦されることになりました。

4月18日,4月25日(クラスC&D)
知識工学(Smart Engineering of Knowledge Discovery and Data Mining)研究分野グループは,
水曜日(Wednesday)の10時半から12時,1年生の「情報電気エレクトロニクス序論」において
「知識工学グループのラボ・オリエンテーリング」を実施します。


4月19日(木) DICOM WG22 Task Force Meeting in Tokyo
All WG 22 members are invited to attend a meeting in Tokyo on April 19.  Please note
this is not a formal meeting of WG 22.  This is a meeting of a task force to concentrate
on the JSOMR/JIRA work on the Dental Mapping project.
 DATE: 2012/April/19 THU  12:00-17:00
 PLACE: Showa-Univ. medical Center Inpatient-ward 17th Floor room B

         http://www.showa-u.ac.jp/SUH/access/index.html

5月8日(火)13:00~ 東京歯科大学・4年生講義

5月11日(金) 論文の公開
2011年12月に受理された論文がwebsiteで公開(発行)されました。

早川1、江島2、荒木3、小林4、新井2、馬嶋5、勝又6、伊藤7、坂本8、山本9、玉川10、岡野3
「口内法撮影X線画像のディスプレイ表示レイアウト:DICOM規格へのアンケート調査に基づく提案」
(所属:1北見工業大学工学部情報システム工学科、2 日本大学歯学部歯科放射線学教室、
3 昭和大学歯学部歯科放射線学講座、4鶴見大学歯学部口腔顎顔面放射線・画像診断学講座、
5鹿児島大学大学院医歯学総合研究科腫瘍学講座顎顔面放射線学分野、6朝日大学歯学部
口腔病態医療学講座歯科放射線学分野、7北海道大学病院医療情報企画部、8東北大学病院
診療技術部放射線部門、9大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学医療情報学、
10 大阪大学歯学部附属病院医療情報室)

 歯科放射線(日本歯科放射線学会雑誌),Vol.52, No.1, pp.1-8, 2012-May.

5月11日(金) 研究室・歓迎パーティ


5月26日-31日(土~木)
2012 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering (WC2012)
Beijing International Convention Center, Beijing, China

 (Dong君のtwo oral presentations; 08:45-09:00, Mon., May 28 & 08:12-08:24, Thu., May 31)
 (中国で行われる学会,朝早くから始まるのは普通らしい。)

5月30日,6月6日(クラスA&B)
知識工学(Smart Engineering of Knowledge Discovery and Data Mining)研究分野グループは,
水曜日(Wednesday)の10時半から12時,1年生の「情報電気エレクトロニクス序論」において
「知識工学グループのラボ・オリエンテーリング」を実施します。

6月1,2,3日
第53回日本歯科放射線学会学術大会(盛岡)

6月4, 5日(第1種放射線取扱主任者免状所有者として)
「放射線障害防止のための教育訓練」講師
 「放射線障害防止に関する法令(60分)」と 「取扱いの実際および注意事項(90分)」
6月5日焼肉,7日焼肉...
6月8日(金) 医工連携研究会総会(北見医師会)

6月12日 Ms. Hu, welcome to Kitami, Japan!

6月15日(金) Accepted for the presentation at RSNA2012
Mr. Dong's request to the RSNA2012 Meeting was accepted for the presentation.
RSNA2012 is the world-largest Meeting of Radiology, Medical Physics and Medical
Informatics, which will be held at McCormick Place, Chicago, November 25-30, 2012
.

6月27-30日(水~土)
26th International Congress of Computer Assisted Radiologyand Surgery (CARS2012),
Pisa, Italy

 26: Departure at Haneda Airport at 1:00am,
 28: Lecture (Oral) presentation & Panelist of Round Table Discussion,
 Poster Session Chair, 29: Lecture (Oral) presentation
 30: DICOM Working Group 22 Meeting,
 7/1 Departure at Pisa, Transfer at Munich, 7/2 Arrival at Narita


July 2012
Journal Citation Reports are annually announced at early July (or late June),
An important index provided by Journal Citation Reports is Impact Factor.
This year International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery
is indexed on the Journal Citation Reports. IJCARS has the Impact Factor,
1.481 in 2011. Others, Oral Surgery Oral Medicine Oral Pathology Oral Radiology
1.457 in 2011, Oral Radiology 0.267 in 2011, Dentomaxillofacial Radiology 1.081
in 2011, Journal of Biomedical Optics 3.157 in 2011


7月20日 科研費交付決定通知
7月24日(火) Acceptance for Publication
Our submission was accepted for publication on the journal of
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology.
 Title: Metal-induced streak artifact reduction using iterative reconstruction
    algorithms in X-ray CT image of the dento-alveolar region
 Authors: Jian Dong; Yoshihiko Hayakawa; Sven Kannenberg; Cornelia Kober

7月24日(火) 第1回北見市医療福祉情報連携協議会総会
7月26日(木)オホーツク圏観光情報学研究会講演会
7月28日(土) オープンキャンパス(研究室体験担当)
8月4日(土) おもしろ科学実験(実行委員)
   8月4,5日(土,日) 第31回日本医用画像工学会大会(JAMIT2012, 札幌)欠席...
   8月9日(木), 10日(金) 人工知能学会・第86回人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI)
8月23日(木) 日本歯科放射線学会・医療情報委員会(東京)

10月1日(月) RICOH & Java Developer Challenge Plus 2012
一次選考突破の通知。最終選考へ。
RICOH & Java Developer Challenge Plus 2012


10月1日(月)董建さんの論文がonline available
Jian Dong, Yoshihiko Hayakawa, Sven Kannenberg, Cornelia Kober
 Metal-induced streak artifact reduction using iterative reconstruction algorithms
 in x-ray computed tomography image of the dentoalveolar region
 Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology
 Original Research Article. In Press, Corrected Proof, Available online 1 October 2012

 大学図書館ホームページの電子ジャーナルへ行き、
 Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology
 という雑誌名を探すと、 http://www.sciencedirect.com/science/journal/aip/22124403
 へ行く。 雑誌のホームページでは、ダウンロード有料。学会の会員でないとダメ。
 http://www.oooojournal.net/inPress

10月1日(月)広報誌オホーツクスカイ「研究広報シリーズ」医療工学専攻特集の座談会

10月3日 Mr. Zhang, welcome to Kitami, Japan!

   10月13日(土)第15回北海道広域医療連携研究会(札幌・札幌アスペンホテル)

10月17日(水),18日(木)第50回全国大学保健管理研究集会(神戸・ポートピアホテル)
大学二次健康診断に於けるデジタルX線画像診断システム(FCR)の有用性(第3 報)

10月22日、10月30日、11月12日(Dong君)
北大パイオニア人材協働育成システムの構築に関わる、キャリアマネジメントセミナーIIなど

10月25日(木),26日(金),27日(土)日本歯科放射線学会
医療情報委員会・第17回臨床画像大会(大阪)


   11月9日(金),10日(土),11日(日)第22回日本歯科医学会総会(大阪)

10月31日(水) 日経デジタルヘルスonline 掲載、公開。
北見市医療福祉情報連携協議会(北海道北見市):
医療・介護機関の情報共有・連携ネットワーク運用を開始
FileMakerをプラットフォームに低コストで拡張性の高いシステム目指す


11月7日(水) 大学websiteで「キャンパスミニニュース」の公開
北見工大医療画像処理研究室+」がプログラミングコンテストRICOH & Java(TM)
Developer Challenge Plus 2012で一次選考通過、最終選考へ
http://www.kitami-it.ac.jp/public_relations/students_info/mini_news/developer_challenge_plus_2012.html

11月13日(火)北見医工連携研究会、北見医療福祉情報連携協議会
医工連携フォーラム・市民講座
 第1部 「北まるnet」の紹介
 第2部 パネルディスカッション「北まるnet」の今後への課題と展開
      (第2部で座長をさせていただきました)

11月16日(金)第6回画像診断研修会(東京歯科大学水道橋校舎)

11月25日(日)~30日(金), RSNA2012 (Radiological Society of North America, Chicago)
LL-INE1256: Statistical iterative reconstruction applied for streak artifact reduction
        in X-ray CT image of dento-alveolar region
Great! Our presentation was evaluated as
"This exhibit has been recommended for publication in Radiographics"
 Stats: Education Exhibit in RSNA2012
  The number of Submissions: 5305, The number of Accepted: 2111 (approix. 40%)
 Stats: Informatics Category only
  The number of Accepted: approx. 150 (50: poster or PC, 100: online viewing)




北米放射線医学会・2012年次大会レポート

RSNA2012 – Dr.Nakata’s Pick!

  http://www.candrofa.info/?p=212


RSNA2012 ? Dr.Nakata’s Pick!

  http://www.candrofa.info/?p=212

11月30日(金)、Visiting The University of Chicago Medical Center (Dong)

12月10日(月)~2013年3月15日(Dong君)
インターンシップ:(株)日立製作所:(研究開発本部)横浜研究所

2013年(平成25年)1月19日(土)、20日(日) 大学入試センター試験

2013年(平成25年)1月23日(水)RICOH & Java Developer Challenge Plus 2012
RICOH & Java Developer Challenge Plus 2012

January 23, 2013
RICOH & Java(TM) Developer Challenge Plus 2012 最終選考会

「北見工大医療画像処理研究室+」がプログラミングコンテストRICOH & Java(TM)
Developer Challenge Plus 2012の最終選考会で「オラクル賞」を獲得

プログラミングコンテストで「オラクル賞」を受賞
(株)リコー・ニュースリリース(最終選考会の結果-速報)
マイナビニュース:挑戦することに意義がある! - RICOH & Java Developer Challenge Plus 2012

January 23, 2013
  RICOH & Java(TM) Developer Challenge Plus 2012 最終選考会
  プログラミングコンテストで「オラクル賞」を受賞
  
(株)リコー・ニュースリリース(最終選考会の結果-速報)
  マイナビニュース:挑戦することに意義がある! - RICOH & Java Developer Challenge Plus 2012
  キャンパスミニニュース:
  「北見工大医療画像処理研究室+」がプログラミングコンテストRICOH & Java(TM)
  Developer Challenge Plus 2012の最終選考会で「オラクル賞」を獲得

 
 
  北海道新聞・2月16日掲載 


2013年(平成25年)1月29日(火)北見市医療福祉情報連携協議会
市民フォーラム「北まるnetがもたらす安心して暮らせる北見」
 ☆講演Ⅰ 超高齢社会と地域連携
 ☆講演Ⅱ 北まるnetの仕組みと安全性
 ☆フォーラム北まるnetがもたらす安心して暮らせる北見

 ※北まるnetとは北見で安心して暮すために、医療と介護の情報共有を円滑に行うよう
   開発された情報通信技術システムです
 日時:平成25年1月29日(火)午後6時30分 場所:北見芸術文化ホール
  NHK-TV capture

2013年2月 Dong君の論文
 2012年7月にacceptedとなったOOOO journalの論文は、10月2日からonline availableに
 なっていましたが、Feb. 2013 issueに掲載されたことになった。online available onlyですが、
 これで十分です。受理から7か月。昔はonline firstもなく、1年はかかっていたかと記憶するが。
 http://www.oooojournal.net/article/S2212-4403%2812%2900963-7/fulltext
 つまり、ページ番号が与えらたということですね。
 http://www.sciencedirect.com/science/journal/22124403 (一番下)
 学内からアクセスし、図書館ホームページから、電子ジャーナル、Elsevier-Science Directで
 雑誌、Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiologyを探すとダウンロード可能。
 Editorial Boardに私の名前が入っている(一番上)。あらっ、あった、という感じ。

2月5日(火) 橋本泰成先生のサイエンスカフェ
2月6日(水) 情報システム工学科主催「オラクル賞受賞報告会」
2月8日(金) 厳寒の焼き肉まつり(芸術文化ホール駐車場)

2月12日(火)午後、修士論文発表会

北海道新聞・2月16日掲載 「北見工大生にオラクル賞」
 

2月16日(土) オホーツク医学大会

2月18日(月)WG-22/12.1 will be on Monday, Feb. 18 from 12:00 ? 5:00. 
The next meeting of DICOM WG 22 ? Dentistry will take place February 18, 2013
at the American Dental Association. The meeting will begin at 12:00 p.m. Central.
This will be a joint meeting with SCDI WG 12.1 on Digital Imaging and will run
until 5:00 p.m.

2月19日(火) CS研究発表会、2月20日(水)、21日(木) 卒業研究発表会
                   
2月22日(金)講演会(端野町公民館)
テーマ「原発と放射線被ばくについて」
北海道新聞・2月23日掲載
 

February 22, 2013 コープさっぽろ講演会(北見市端野町公民館)
  北海道新聞・2月23日掲載 

2月23日(土)
 第63回日本結核病学会北海道支部学会
 (第105回日本呼吸器学会北海道支部会学術集会、第19回日本サルコイドーシス・
 肉芽腫性疾患学会北海道支部会との合同開催)
 平成25年2月23日(土)、札幌医科大学記念ホール(札幌市中央区南1条西18丁目)

          - - -


以下,<平成19年度-2007年度-> ~ <平成23年度-2011年度->


          - - -

          <平成19年度-2007年度->

4月 2007年(平成19年)4月から始まった,北見工業大学情報システム工学科の新しい研究室です。
5月 第48回日本歯科放射線学会総会,大宮ソニックホール
6月 The 16th International Congress of Dentomaxillofacial Radiology (ICDMFR2007), Beijing, China
The 21st International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery (CARS2007)
International Journal of Computer Assisted Radiology & Surgery, Berlin, Germany

7月
2007年7月,ルイビル大学教授兼北京大学名誉客員教授,Dr. Allan G. Farmanが
北見工業大学に滞在され,学生向け講義,教員・大学院生向け講義を行いました。
医工連携研究推進センター:講演会
  Pathways between clinical science and engineering application: a personal perspective

  臨床医療科学と工学応用の架け橋:私の視点から

     イメージ

8月 VIEWS RADIOLOGY(URL:http://www.nv-med.com/)掲載

   特集ECR2007:歯科口腔領域におけるマルチモダリティ診断
9月 雑誌「Dental Diamond(デンタルダイヤモンド)」掲載
   実践歯学ライブラリー「歯科用コーンビームCT」 歯科用コーンビームCTの先進性とリテラシー
10月 医工連携研究推進センター研究会・講演
   「CTとMRIによる三次元ビジュアリゼーションとその応用」
3月 第1回北見医療人の学術集会(第1回オホーツク医学大会)2008年3月8日,ビッツアークホテル
  表在性血管の近赤外線断層イメージング
  ○早川吉彦1,山下拓慶1,妙瀬田泰隆1,本田 明2,辻由美子2
   1 北見工業大学・情報システム工学科
   2 北見工業大学・保健管理センター


          - - -

          <平成20年度-2008年度->

4月4日~6日,パシフィコ横浜で行われた第95回日本医学物理学会学術大会で,
         妙瀬田君と佐川君が研究発表を行いました。
5月16-18日,名古屋国際会議場で行われた第49回日本歯科放射線学会学術大会で,
         早川が研究発表を行いました。
6月 Hayakawa gave two lecture presentations and contributed as the session chair
at the 22nd International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery
(CARS2008, 国際コンピュータ支援放射線学外科学会議) at Barcelona, Spain,
June 25 -28, 2008. Also he participated the Congress as a Session Chair.
7月16日(水),札幌医科大学で行われた電子情報通信学会医用画像研究会(MI)で,
妙瀬田泰隆君と佐川盛久君が研究発表を行いました。
Dentomaxillofacial Radiology(国際歯顎顔面放射線学会雑誌)2008年7月号(Vol.37,
No.5)に学術論文が掲載されました。
8月 大久保真衣先生(東京歯科大学摂食嚥下リハビリテーション研究室)をfirst authorとする
学術論文 "Static MR images for diagnosis of swallowing" が,雑誌The Bulletin of
Tokyo Dental College, Vol. 49, No.3, Aug. 2008に掲載されました。
(タイトルの和訳:摂食嚥下診断のためのMRI静止画像)

9月6日から17日まで,SVBL外国人招へい研究員として,Hamburg University of
Applied SciencesのDr. Cornelia Koberが北見工業大学に滞在されました。
9月8日には,バイオダイナミクス講演会が行われました。また,情報システム工学科と
機械工学科の各研究室でディスカッションが連日行われました。
           イメージ

9月28日(日),4年生と早川が,第141回TOEIC公開テストに挑戦しました。もし,4年生が
早川のスコアを上回ったら...約束が実行されることになっています。結果は1か月後。
       早川の勝ち。焼肉をご馳走してあげることができなかった...
10月7日(火),「北海道新聞・オホーツク版」に,当研究室の「研究紹介」が掲載されました。
  
2009年2月2日,バイオダイナミクス講演会。
 講師は,小林隆先生。北星脳神経外科病院・歯科口腔外科部長。
 バイオダイナミクス講演会
  主  催:バイオダイナミクス研究推進センター
  開催日時:平成21年 2 月 2 日(月)17:15~  講演会場:B211講義室(第1講義棟)  
  講演題目:他では聞けない顎(アゴ)の話
    1. アゴの症状を放置する事によって全身疾患を引き起こすことがあるという話は本当?
    2. 最近、口の中にアゴの骨が露出し痛くて食事ができない患者さんが増えているって本当?  
  講  師:小林 隆先生  北星脳神経外科病院・歯科口腔外科部長
 ※ 平成22(2010)年4月,小林隆先生は,東北厚生局指導監査課指導医療官(歯科担当)へ
   転職されました。(勤務地:仙台)

3月 第2回オホーツク医学大会(主催:北見医師会)

平 成21年3月7日(土)14:00~17:35,ビッツアークホテル

  一般演題8 マウスガード装着が身体機能に及ぼす影響に関する基礎的検討
 北見工業大学機械工学科    鈴木聡一郎、柴野純一、坂井謙太
 北見工業大学共通講座           柳 等 
 北見工業大学情報システム工学科   早川吉彦
 松浦歯科医院                松浦信一
3月 バイオダイナミクス講演会
 主催:バイオダイナミクス研究推進センター 共催:日本塑性加工学会東北・北海道支部
  日時:平成21年3月16日(月)午後3時~5時 場所:北見工業大学A104講義室
 講演:1)これからの金属生体材料ー生体安全性から生体活性へー
       大津直史氏(北見工業大学機器分析センター )
     2)関節可動障害が立位・歩行に及ぼす影響について
      -機能形態障害と能力障害との関連に関する生体力学的研究の一例として-
      渡壁 誠 氏(北海道教育大学教育学部旭川校)
3月 NPO 法人 日本歯科放射線学会ニュースレター第8号(2009年春,3月15日,1~8頁)に,
 "Digital interoperability, DICOM and IHE"
 (第7 回アジア口腔顎顔面放射線学会議ワークショップ2,2008年11月21日開催のまとめ)
 早川吉彦 (Allan G. Farman, Dr. Paul F. van der Stelt and Yoshihiko Hayakawa)
が掲載されました。
 http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsomr/index.html
一応,会員でなければ閲覧できない仕組みにはなっていますが。

          - - -

          <平成21年度-2009年度->

4月17日~19日 2009年4月17日~19日,パシフィコ横浜で行われた第97回日本医学物理学会
学術大会で,近藤篤君が研究発表を行いました。
5月25, 26日
放射線障害防止のための教育訓練
 放射線の人体に与える影響(本田、保健管理センター)
 放射線障害防止に関する法令(早川)
 放射線装置の構造・取扱い(早川)(第1種放射線取扱主任者免状所有者)
6月6日
医用画像情報学会年次大会(大会長、宮地利明先生)、金沢大学医薬保健学類にて。
早川が2件の研究発表を行いました。

Left: Kaz on TV! (NHK Kanazawa, June 3, 2009)
   http://yamamotodc.fc2web.com/
Right: the Kenrokuen Garden Park, Kanazawa

6月20, 21日
父母懇談会(北見) 大学祭で研究室公開(保健管理センターとの共同)
「画像で見る”からだ”の形と機能」
6月24日~27日
Hayakawa gave a lecture presentation and contributed as the session chair
at the 23rd International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery
(CARS2009,
国際コンピュータ支援放射線学外科学会議) at Berlin, Germany, June 24-27, 2009. 
6月27日
DICOM WG 22 Meeting, at Berlin, Germany, 27th June 2009
6月27日
Special Session TMJ/TMD (Temporomandibular Joint Disorders) chaired by
Cornelia Kober & Yoshihiko Hayakawa
was held at the 23rd International Congress of Computer Assisted Radiology and
Surgery (CARS2009, 国際コンピュータ支援放射線学外科学会議) at Berlin, Germany,
27th June 2009

Left: Roberto ! (Mr. Visua-X, "secret agent" from Italy)
Right: the Brandenburg Gate, Berlin

6月29日
Hayakawa visited Faculty of Life Sciences, Hamburg University of Applied Sciences
(Hochschule fur Angewandte Wissenschaften Hamburg), Hamburg, Germany,

7月25日(土) オープンキャンパス 体験学習「医用画像工学を体験しよう」を担当。
※ 高校生15名程度のグループが、午前午後各4組に分かれて研究室を訪ねてきました。
  計約120名。


8月8日(土)
おもしろ科学実験
「銀歯を金歯に変えてみよう!(金属チタンの表面処理)」(担当:大津、柴野、常田、早川)
 金、赤または青に輝くチタンのアクセサリー(ハートまたはミッキーのような形)を製作。
 イニシャルなどを刻印して、ネックレスやストラップに。
※ 「収容予定人数を超える人気ベスト3入り」だそうです。

8月27日(木)
 Prof. J. Shibano, Dept. of Mechanical Engineering, visited Faculty of Life Sciences,
 Hamburg University of Applied Sciences (Hochschule fur Angewandte Wissenschaften
 Hamburg), Hamburg, Germany, He gave a lecture of material mechanics/dynamics.

9月12日(土)3:00 pm(土)3:00 pm
 北見市歯科医師会学術講演会

 「スポーツ歯学を楽しむ―上野由岐子投手のマウスガードへの道のり―」

 川良美佐雄(日本大学松戸歯学部口腔機能学講座教授)
     (9月14~16日、日本機械学会年次大会、盛岡)
     (9月16, 17日(水、木),第47回全国大学保健管理研究集会,札幌コンベンションセンター)
9月17日(木) SVBLオープンラボラトリ、鈴木(聡)プロジェクト
Sep. 2009 - Aug. 2010
 Welcome! Miss Anna M. Plonka, Politechnika Krakowska, Krakow, Poland
9月26日(土) 父母懇談会(札幌)
10月3日(土) 情報処理北海道シンポジウム(旭川)&札幌
10月9日(金)
 北海道高文連の第48回全道高校理科研究発表大会に参加中の高校生による研究室見学
     (10月9~11日、日本口腔外科学会総会・学術大会,札幌コンベンションセンター)
     (10月10~12日、日本機械学会第22回計算力学講演会,金沢大学。来年は北見。)
10月17, 18日(土、日)
 平成21年度電気・情報関係学会北海道支部連合大会(北見工業大学キャンパス)
 第288回東京歯科大学学会総会(千葉キャンパス)
     (10月18日,基本情報処理技術者試験)
10月24, 25日(土、日)
 日本歯科放射線学会 第14回臨床画像大会(北海道大学学術交流会館、札幌)
     (10月24, 25日(土、日) 日本禁煙科学会・第4回学術総会,金沢エクセルホテル東急、金沢)
     (10月31日、11月1日(土、日),日本障害者歯科学会・第26回学術大会、名古屋国際会議場)
11月5,6日(金,土)(4~6) 第15回北海道大学教育ワークショップ(奈井江町)
11月15日(日)(14~17) 父母懇談会(名古屋),高校訪問(愛知県内)
11月25日(水) レゴ・マインドストーム試走会,東京六大学・合同同窓会
12月2日(水),3日(木)
 DICOM Committee, McCormick Place, Chicago, Illinois
        
 ジョン・ハンコックセンター・ビルの前のクリスマス・ツリー
12月4日(金)~12月8日(火) a couple of days
 The University of Louisville, Louisville, Kentucky
        
       ルイビル・スラッガー・ミュージアム
January 25, 2010 to February 24, 2010
 Welcome! Ms. 王麗(Wang Li), Prof. MD, PhD
 中国,吉林大学白求恩医学院・病原生物学教室主任教授(真菌症研究者)
 SVBL招へい研究員・バイオダイナミクス講演会(2/1)
 「私の病原微生物学研究-PCR法を応用した医真菌学研究-」
February 8, 2010 to March 5 (& March 9), 2010
Welcome, Mr. Thore Heinemann !
 Hamburg University of Applied Sciences
 (Hochschule fu¨r Angewandte Wissenschaften Hamburg), Hamburg, Germany.

2010年3月13日(土)
第3回オホーツク医学大会(北見工業大学・学内にて)
X線CT画像におけるストリーク・アーチファクトとノイズの軽減
1.早川,近藤,工藤,董(Dong),2.本田  1. 情報システム工学科 2. 保健管理センター
2010年3月16日(火)
M2の佐川君に「奨学・奨励賞」が授与されました。
M2の佐川君が「電子情報通信学会北海道支部・学生員表彰」を受けました。

Morihisa Sagawa1, Yasutaka Miyoseta1, Yoshihiko Hayakawa1  and Akira Honda2
 1. Dept. of Computer Science, Kitami Institute of Technology, Japan
 2. Health Administration Center, Kitami Institute of Technology, Hokkaido, Japan
Comparison of two- and three-dimensional filtering methods to improve image quality
in multiplanar reconstruction of cone-beam computed tomography

http://www.springerlink.com/content/q28692p71j746186/

          <平成22年度-2010年度->

4月23~25日(金~日),26日(月)
第51回日本歯科放射線学会総会(横浜市,鶴見大学)において,暫定DICOM委員会と
Allan G. Farman教授(DICOM Standards Working Group 22, Chair, 兼 米国歯顎顔面
放射線学会・AAOMRのPresident)とのミーティング「歯式のマッピング」(4月25日(日)
2:00~4:00,鶴見大学記念館・第1講堂)。
早川のプレゼン,Dr. Farmanのプレゼン&ディスカッション(DICOM:ダイコム,すべての
医療情報の世界共通規格)
5月10~13日(月~木)
東京歯科大学(千葉校舎・病院,水道橋病院)
第13回組込みシステム開発技術展(東京ビッグサイト)
日本画像医療システム工業会(文京区・本郷)
  (医用画像システム部会・DICOM委員会の方と...)
5月31日(月),6月1日(火)
放射線障害防止のための教育訓練
 16:3017:00 放射線の人体に与える影響(本田)
 17:0018:00 放射線障害防止に関する法令(早川)

  9:2010:20 放射線装置の構造・取扱いI(根本)
 10:3012:00      同II          (早川)
 13:0013:45      同III          (柴野)

 13:4514:30      同IV          (堀)

  場A102講義室(1号館1階)

6月19~20日(土~日)
第11回日本赤十字看護学会学術大会(日本赤十字北海道看護大学)
テーマセッション「高齢化社会への工学的アプローチ」(鈴木聡,柳,早川)
6月23日(水)
M2の近藤君に「奨学・奨励賞」が授与されました。
6月24, 25日(木,金)
電子情報通信学会パターン認識・メディア理解研究会(PRMU)
弘前大学文京町キャンパス(阿部)
6月23~26日(水~土)
The 24th International Congress of Computer Assisted Radiology and Surgery
(CARS2010, 国際コンピュータ支援放射線学外科学会議) at University Medical Center,
The Univ. of Geneva, Geneva, Switzerland
DICOM WG 22 Meeting, at University Medical Center, The Univ. of Geneva, Geneva,
Switzerland, 26th June
6月27日(日)~7月3日(土)
Hamburg University of Applied Sciences, Hamburg, Germany & Munich, Germany
7月3日(土)
全国歯科大学・歯学部附属病院放射線技師連絡協議会・
第21回総会・歯科放射線技術研修会(東京・五反田)
教育講演「DICOM規格-その運用法-」
日本画像医療システム工業会DICOM委員長 鈴木先生

7月6日(火)
医療工学・医工連携ミーティング(今野先生,木村先生)
7月22日(木)
前期課程(修士)研究発表会(13:00~)
7月30~31日(金,土)
第29回日本医用画像工学会大会(JAMIT2010)
(東海大学医学部キャンパス,神奈川県伊勢原市)

Welcome! Mr. S. Kannenberg,
Hamburg Univ. of Applied Sciences(Hochschule fu¨r
Angewandte Wissenschaften Hamburg), Hamburg, Germany.
(Aug, 4 - Kitami - Sept. 9, - Chiba/Tokyo - Sept. 16)


8月7日(土)
日本歯科放射線学会・第211回関東地方会&第30回北日本地方会・第18 回合同地方会
(北海道医療大学・札幌サテライトキャンパス,札幌)
9月3, 4, 5日(金,土,日)
Intl. Workshop on Modern Science & Technology 2010
(IWMST2010, Kitami Institute of Technology, Kitami, Japan)
         (※日本歯科放射線学会第15回臨床画像大会,鹿児島大学・稲盛会館,9・3-5)
9月7日(火) 北見医工連携研究会 医工連携フォーラム・市民講座
9月10日(金) 平成22年度9月期学位記授与式
9月23,24,25日(木,金,土)
日本機械学会第23回計算力学講演会(CMD2010)(北見工業大学,北見)
 特別講演(24日12:45~13:45)
 Prof. Eugenio Onate (Director of CIMNE, Barcelona, Spain)
 "Advances in the Particle Finite Element Method for
  Solving Multidisciplinary Problems in Engineering"


9月25日(土)
平成22年度JA北海道厚生連放射線技師研修会(温根湯温泉・大江本家,北見)
 特別講演(25日1:00~2:00) 「自分もやってみたくなる医用画像工学的な研究」
 早川吉彦(北見工業大学工学部・情報システム工学科)
  職務にきちんと取り組み,臨床を学び,若い人を育て,
  そして,しっかり遊ぶ,という感じでした。勉強させて
  いただき,かつ,楽しませていただきました!

Welcome!
 Mr. Lukasz Haratym
 Politechnika Krakowska, Krakow, Poland(30 Sept. 2010-25 Feb. 2011)

10月2日(土)
情報処理北海道シンポジウム2010(北海道大学情報科学研究科棟,札幌)
M2の近藤君に「優秀ポスター賞」が授与されました。
 (来年は北見開催。機械工学科・渡辺美知子先生主催)
10月8日(金)
日本IBM・浅川智恵子の講演を聴講(千葉・幕張) NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」の通り。
10月9日(土)
医用画像情報学会・平成22年度秋季(第158回)大会(群馬県立県民健康科学大学,前橋市)
       (※The DICOM 2010 International Conference & Seminar, Riocentro, Rio de Janeiro,
         Brazil
9-11 October, 2010)
10月12日(火)
北海道中央労災病院せき損センター(美唄市)
       (※10月20, 21日(水、木)
        第48回全国大学保健管理研究集会(千葉市・幕張メッセ,国際会議場)
10月22日(金) 高校訪問(大阪府下),大阪歯科大学
10月23日(土) ミーティング(阪大:玉川先生,山本先生,梅田)
          父母懇談会・大阪
10月23, 24日(土、日)
電気・情報関係学会北海道支部連合大会(北海学園大学,札幌市)(董,Lukasz)
10月25日(月) 東京六大学・合同同窓会(北見)
11月1日(月)ミーティング(今野先生,木村先生,有田先生)
11月5, 6日(金,土)
東京歯科大学・千葉キャンパス
日本大学歯学部附属病院(江島先生,神田駿河台)
東京歯科大学・水道橋キャンパス(第5回画像診断研修会,13F会議室)

11月12,13日(金,土) 
北海道中央労災病院せき損センター(美唄市)
11月18, 19, 20日(木,金,土)
第30回医療情報学連合大会(第11回日本医療情報学会学術大会)(アクトシティ浜松,静岡県浜松市)
11月24日(水)
LEGO Mindstorms NXT CONTEST (See FaceBook)
Mr. Kosuke Abe was the first place winner, Champion! He also won the Design Award.
Mr. Lukasz Haratym showed the fantastic PID controller.
(PID: proportional?integral?derivative)
11月27日(土),28日(日) セミナー

12月1日(水),2日(木)
96th Annual Meeting of Radiological Society of North America (RSNA2010), McCormick Place, Chicago, Illinois, USA
DICOM Stds Committee, Working Group 22 Meeting
The DICOM Standards Committee (DSC, main committee), McCormick Place, Chicago, Illinois, USA

12月11日(土),12日(日) セミナー
12月16日(木),Nabe Party (See FaceBook)
12月18日(土),19日(日) セミナー
12月23日(木,祝) ホテル黒部
「北見市の医療と介護の情報共有ネットワークを作る会」(1)
1月5, 6日(水,木) Meeting (東京,千葉)

1月12日(水)~2月7日(月) Something Great!
Departure from Memanbetsu Airport at 12 Jan.., Departure from New Tokyo International Airport
at Narita and Arrival at Hamburg, Germany, at 13 Jan.
Both Mr. J. Dong and A. Kondo stay at Hamburg, Germany.
They have collaborative works with the Biodynamic Research Group, Faculty of Life Sciences,
Hamburg University of Applied Sciences.


1月17日(月) 
フィジカルヘルス講演会~タバコがもたらす健康への影響~
 日時:1月17日(月)16:20~17:50
 場所:総合研究棟・多目的講義室
 講師:宮崎大学安全衛生保健センター 江藤敏治准教授
 演題:「禁煙は愛です。あなたにできること」
 (宮崎大学の禁煙外来では,成功率95%,継続中5%。失敗1例だそうです。)

1月21日(金) Meeting
1月26日(水) Meeting(図書館内)
「北見市の医療と介護の情報共有ネットワークを作る会」(2)
1月30, 31日(日,月) Meeting(大阪)(阪大:山本先生,他)
2月5日(土),6日(日) セミナー
2月7日(月) Dong & Kondo, Arrival at Memanbetsu Airport.
(Departure from Hamburg, Germany, Transfer at Frankfurt, Narita and Haneda...)
2月14日(月) 修士論文発表会
2月21,22日(月,火) 卒研・CS研発表会
2月22日(火) Meeting(札幌)(北大:伊藤先生)
2月23日(水) Meeting(総合研究棟3F)
「北見市の医療と介護の情報共有ネットワークを作る会」(3)

2月24日(木) Lukasz, Departure from Memanbetsu Airport
2月27日(日)
Welcome! Mr. S. Kannenberg,
Hamburg Univ. of Applied Sciences(Hochschule fu¨r
Angewandte Wissenschaften Hamburg)
, Hamburg, Germany.
(Feb, 26 - Chiba - Feb. 27 - Kitami - May - ...)


3月3~7日(木~月) Meeting(東京,千葉)
3月14日(月)M2の近藤君に「平成22年度奨学・奨励賞」が授与されました。
3月18日(金) 学位記授与式(Commencement Ceremony
3月19日(土) オホーツク医学大会(第4回)
B4の大川君とM1の阿部君がプレゼンテーションを行いました。
大川君 「ゲーム用デバイスを用いた3Dグラフィクスビューワソフトウェアと医学的利用の展望」
阿部君 「瞬目(まばたき)回数の計測プログラムの開発」

Atsushi Kondo1, Yoshihiko Hayakawa1 , Jian Dong1 and Akira Honda2
 1. Dept. of Computer Science, Kitami Institute of Technology, Japan
 2. Health Administration Center, Kitami Institute of Technology, Hokkaido, Japan
Iterative correction applied to streak artifact reduction in an X-ray
computed tomography image of the dento-alveolar region
Oral Radiology(日本歯科放射線学会欧文誌), Vol.26, No.1:61-65, 2010-6.
http://www.springerlink.com/content/u218355p71467222/


早川吉彦,山下拓慶,大粒来孝,妙瀬田泰隆,佐川盛久,近藤篤,辻由美子†,本田明†
(北見工業大学情報システム工学科,†同・保健管理センター)
近赤外線イメージングによる皮下異物の検出実験,
医用画像情報学会雑誌,Vol.27, No.3:50-54, 2010-6.
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/mii/-char/ja

          <平成23年度-2011年度->

2011年4月6日
医用画像情報学会から「平成22年度・内田論文賞」をいただくことになりました。「優秀論文賞」と
いうことかと思います。(私たち1件ならば,最優秀ということかもしれません。未確認...)
総務理事の宮地利明先生(金沢大学)からお電話で。

4月9日
大川貴志君の卒業論文の内容が,「医用画像情報学会雑誌」に掲載されることになりました。
「ゲーム用入力デバイスを用いた3次元グラクィクスビューワソフトウェアの開発と医用画像表示」
Development of three-dimensional graphic viewer software using game-device Wii(^R) Remote
and medical image displaying

医用画像情報学会雑誌,Vol.28, No.2:46-50, 2011-Jun.

4月12日(火) Meeting(総合研究棟3F)
「北見市の医療と介護の情報共有ネットワークを作る会」(4)

4月13日 M2の阿部君が,「平成22年度・奨学奨励賞」に推薦されることになりました。

4月20日,4月27日,6月1日,6月15日
知識工学(Smart Engineering of Knowledge Discovery and Data Mining)研究分野グループは,
水曜日(Wednesday)の10時半から12時,1年生の「情報電気エレクトロニクス序論」において
「知識工学グループのラボ・オリエンテーリング」を実施します。


5月10日(火)13:00~ 東京歯科大学・4年生講義

~5月17日(火)まで
Welcome! Mr. S. Kannenberg,
Hamburg Univ. of Applied Sciences(Hochschule fu¨r Angewandte Wissenschaften Hamburg),
Hamburg, Germany. (Feb, 26 - Chiba - Feb. 27 - Kitami - May 17 - May 23)

5月23-24日(月,火) 放射線障害防止のための教育訓練
 5月23日(月)
  16:30~17:00 放射線の人体に与える影響(本田)

  17:00~18:00 放射線障害の防止に関する法令(早川)
 5月24日(火)放射性同位元素又は放射線発生装置の安全取扱I~IV
  09:20~10:20 I(基礎)  (根本) 放射性医薬品の利用と安全管理
  10:30~12:00 II(基礎) (早川) (実際および取扱時の注意事項等)
  13:00~13:45 III(実際) (柴野) シンクロトロン放射光施設における実験と安全管理
  13:45~14:30 IV(実際)  (堀) X線回折装置を利用した実験と安全管理


5月26-29日(木~日)
18th International Congress of Dento-Maxillo-Facial Radiology
(International Conference Center Hiroshima)
 26: Welcome party, 27: Oral presentation,Tour,Welcome dinner
 28: Round Table Discussion, Banquet, 29: Session Chair

6月20-25日(月~土)
Hamburg Univ. of Applied Sciences(Hochschule fu¨r Angewandte Wissenschaften Hamburg),
Hamburg, Germany
25th International Congress of Computer Assisted Radiologyand Surgery (CARS2011),
Berlin, Germany
 22: Welcome reception, 23: Lecture presentation & Poster presentation,
 Poster Session Chair, 24: Lecture Session Chair, (CAD-demo)
 25: Presentation at DICOM WG22 Meeting

Hamburg Hbf. (My train cancelled.) Windmill on way to Berlin. Church & Benz

Michael (Editors-in-Chief, International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery,
M.W. Vannier), Allan, Cornelia, Bodo and me.

7月5日(火) 「北見市の医療と介護の情報共有ネットワークを作る会」(5)
(次回は、「北見市医療福祉情報連携協議会」になる予定です。)

7月8日(金) オホーツク圏観光情報学研究会(観光情報学会)・桂教夫講演会
北見医師会学術市民フォーラム・中田力講演会

7月8日(金)
T. Matsushita, T. Miyati, K. Nakayama, T. Hamaguchi, Y. Hayakawa, A.G. Farman, S. Ohtake.
(Kanazawa Univ., Kitami Institute of Technology, Univ. of Louisville)
Qualitative near-infrared vascular imaging system with tuned aperture computed tomography.
Journal of Biomedical Optics (J. Biomed. Opt., Vol. 16, Issue 7), 16, 076004;
Published online Jul 08, 2011 Permalink http://dx.doi.org/10.1117/1.3595424

7月10日(日)
日本歯科放射線学会・医療情報委員会(昭和大学病院17階会議室、品川区旗の台)

7月14日(木)
Welcome! Mr. S. Kannenberg,
Hamburg Univ. of Applied Sciences(Hochschule fu¨r Angewandte Wissenschaften Hamburg),
Hamburg, Germany. (July 14 - Oct.6 &7)


7月20日(水) Invitation

Dear Dr. Hayakawa, This letter is to invite you to consider an appointment to become a member
of the Editorial Board of the Radiology Section for Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology
and Oral Radiology (OOOO), the official journal of the American Academy of Oral and
Maxillofacial Radiology. - - -
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology is one of only around
40 total National Library of Medicine/Pubmed referenced journals in the domain of Dentistry.
The Radiology Section of OOOO has an impact factor of greater than 2 for 2010. Sincerely,
Dr. William C. Scarfe, BDS, FRACDS, MS. Editor, Oral Radiology Section,Oral Surgery, Oral
Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology (, and Endodontology)


7月25日(月)13:00~ 修士論文公開発表会(Dong Jian)
7月25日(月)18:30~ 北見医師会講堂、他
   北見市医療福祉情報連携協議会、設立総会・第1回総会・懇談会

7月26日(火)インターンシップ事前研修会

7月30日(土)オープンキャンパス(研究室体験担当)

Open Campus, 30 July 2011
Open Campus, Sat. 30 July 2011. Guests (approx. 80 individuals in total) to our laboratory
tour were high-school students and their parents. Our presentations were variety, such as
"automatic blink counter using face recognition," "X-ray CT image processing for dramatic
artifact reduction," "Android Appli.for Arashi's smart phone," "3D graphic viewer controlled
by Nintendo Wii Remote," et al.


8月12日(金) Article has been published in the completed journal issue
Good news for you: your article Successive iterative restoration applied to streak artifact
reduction in X-ray CT image of dento-alveolar region
has now been published in
the following paginated issue of International Journal of Computer Assisted Radiology
and Surgery: Volume 6, Issue 5 (2011), Page 635-640
. This information can be used for
the citation of your article. Please also add your article's Digital Object Identifier (DOI)
in the citation in order to enable readers to easily find your article in print and online.
Your paper is available electronically on SpringerLink:
http://www.springerlink.com/openurl.asp?genre=article&id=doi:10.1007/s11548-010-0544-2

Published online: 5 January 2011

9月3日(土) 道東脳神経外科病院・開院五周年パーティ

9月5日(月)~10月1日 Her great days
Lidyana left Kitami and Narita for Greifswald, Germany at 5th Sep. (transfer at CDG
and TXL). She visited University of Greifswald (Greifwald, German) & Hamburg University
of Applied Sciences
, Faculty of Life Sciences (Hamburg, Germany) and returned to Kitami
at 1st Oct. (scheduled 30 Sep., but delayed one day)


9月7~9日(水~金) 第10回情報科学技術フォーラム(FIT2011、函館
Mr. Dong's presentation and Hayakawa's session chair of the Medical Imaging session
were carried out.

「医用画像」のセッションで座長を務めさせていただきました。Dong君、日本語で口頭発表。

9月9日(金) 平成23年度9月期学位記授与式(Dong君)
9月13日(火) 北見市医療福祉情報連携協議会・第1回システム構築専門部会
9月15日(木) スーパー連携大学院・接続テスト&リハーサル
         オホーツク圏観光情報学研究会・第1回研究会

10月1日(土) 情報処理北海道シンポジウム2011 
研究発表会:阿部君、Dong君、Kannenberg君が発表。
特別講演と懇親会:司会を務めさせていただきました。楽しませていただきました。
             ”S. Kannenberg君に研究奨励賞”

10月3日(月) 平成23年度秋季入学式(Dong君)
10月4日(火) 医工連携フォーラム、ホテル黒部

~10月6日(木)まで
Welcome! Mr. S. Kannenberg,
Hamburg Univ. of Applied Sciences(Hochschule fu¨r Angewandte Wissenschaften Hamburg),
Hamburg, Germany. (July 14 - Oct.6 &7)


10月10日(月、祝) 平成23年度北見工業大学第2回公開講座(共通講座主催)
第2回公開講座“緊急シンポジウム~原子力と原発と私たちの暮らし”
私のプレゼンタイトル:怖がりすぎかな、安心しすぎかな、低線量放射線被ばく
(プレゼンの一部、テキストデータをFacebookのNoteにupload)

10月22日(土) 医用画像情報学会平成23年度秋季(第161回)大会、徳島大学医学部
平成22年度内田論文賞受賞者記念講演
「近赤外線イメージングによる皮下異物の検出実験」
(徳島・細木、広島・隅田、金沢・宮地各先生)

11月2日(水)18:30~ 2011東京六大学北見OBの集い、20周年記念パーティ
11月19日(土)18:00~ 紫雲会パーティ(汐留・日テレビル・1F)
11月21日(月)18:30~ 北見市医療福祉情報連携協議会・第2回システム構築専門部会

11月27日~12月2日 RSNA2011   Insanely Great!
Mr. Dong gives a presentation at the 97th Scientific Assembly and Annual Meeting of
the Radiological Society of North America (RSNA2011)
, McCormick Place Convention
Center, 2301 S. Lake Shore Drive, Chicago, Illinois USA
 Nov. 26: Departure from Memanbetsu & Narita (New Tokyo Intl.) and Arrival at Chicago
with Mr. Kannnenberg

11月30日(水)9:00am~
DICOM WG22 Meeting, Presentation (McCormick Place, Chicago)

12月2日(水)~12月25日(日) Insanely Great!
Both Mr. J. Dong and Mr. K. Abe stay at Hamburg, Germany. They have collaborative works
with the Biodynamic Research Group, Faculty of Life Sciences, Hamburg University of
Applied Sciences,
under the supervision of Dr. C. Kober.

 JD: Dec. 1: Departure from Chicago with SK
    Dec. 2: Transfer at Deusseldorf and arrival at Hamburg with SK
    Dec. 25: Departure from Hamburg, transfer at Frankfurt and arrival at Chicago
    Dec. 26: Depatrure from Chicago, Dec. 27: Arrival at Narita
    Dec. 28: Depatrure from Haneda and Arrival at Memanbetsu
 KA: Dec. 1: Departure from Memanbetsu and arrival at Haneda
    Dec. 2: Departure from Narita, transfer at Frankfurt and arrival at Hamburg
    Dec. 25: Departure from Hamburg, transfer at Frankfurt
    Dec. 26: Arrival at Narita, Depatrure from Haneda and Arrival at Memanbetsu

12月19日(月)18:30~ 北見医師会講堂
  北見市医療福祉情報連携協議会、第2回総会

  電気電子工学科応用電気研究室・橋本泰成先生の研究室のwebsite, Open!
  生体医工学の研究室ですね。

  http://accafe.jp/hashimoto_lab/


12月27日(火) (投稿したのは7月末...)
日本歯科放射線学会雑誌「歯科放射線」に受理されました。
第52巻・第1号掲載予定。

早川1、江島2、荒木3、小林4、新井2、馬嶋5、勝又6、伊藤7、坂本8、山本9、玉川10、岡野3
「口内法撮影X線画像のディスプレイ表示レイアウト:DICOM規格へのアンケート調査に基づく提案」
(所属:1北見工業大学工学部情報システム工学科、2 日本大学歯学部歯科放射線学教室、
3 昭和大学歯学部歯科放射線学講座、4鶴見大学歯学部口腔顎顔面放射線・画像診断学講座、
5鹿児島大学大学院医歯学総合研究科腫瘍学講座顎顔面放射線学分野、6朝日大学歯学部
口腔病態医療学講座歯科放射線学分野、7北海道大学病院医療情報企画部、8東北大学病院
診療技術部放射線部門、9大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学医療情報学、
10 大阪大学歯学部附属病院医療情報室)

<2012(H24)>

1月12日(木)
Recognition as a TripleO Top Reviewer 2010-2011
Dear Dr. Hayakawa, On behalf of Elsevier and the Section Editors of Oral Surgery, Oral
Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontology, we thank you for your
service as one of our top reviewers for the year 2010-2011. The peer review process
would not be possible without your willingness to share your time and expertise.
As a token of appreciation of your hard work and dedication to the Journal, we invite you
to select a book from the Elsevier collection to a maximum value of $175 from the website
below:...

1月13日(金)(投稿したのは9月初め...)
阿部君の論文が、Medical Imaging Technology(日本医用画像工学会雑誌)に採録(受理)
となりました。第30巻・第2号(2012年3月)掲載予定。
著者:阿部,董,早川(K. Abe, J. Dong, Y. Hayakawa)
タイトル:瞬き波形を検出するための画像処理によるVDT作業時における瞬き回数の計測
     (Eye blink counter for VDT workers based on image processing techniques
      applied to face recognition and eye detection)

1月13日(金) 千葉&丸ビル36F
1月17日(火)18:30~ 北見市医療福祉情報連携協議会・第3回ヒューマンネットワーク部会
1月21日(土) 日本歯科放射線学会関東地方会(昭和大学・旗の台)
1月24日(火) 大田君による!学内個別会社説明会
  NECソフトウェア北海道(北海道日本電気ソフトウェア株式会社)会社説明会
1月28日(土)&2月4日(土) 合同企業セミナー(今年度終了)

2月4日(土) 北見市医療福祉情報連携協議会・北網地域リハビリテーション推進会議主催
  「北見市における退院調整を考える研修会」(端野町公民館)-欠席しました...
2月10日(金)厳寒の焼肉祭り-参加しました...
2月13日(月)大学院前期課程研究発表会
2月20, 21日(月、火)CS研究発表会,卒業研究発表会

2月21, 22日(火、水) DICOM WG22 and IHE Dentistry, Chicago
  Joint Meeting of DICOM WG22 and ADA Stds Committee
  on Dental Informatics and WG12.1 Digital Imaging, ADA HQ, Chicago
2月23, 24, 25日(木,金,土)Dental Mid-Winter Meeting, Chicago

3月4日(日)オホーツク・ハンドメイド・バザール(Kitami Messe)
3月10日(土)第5回オホーツク医学大会(Mr. Dong's presentation)
3月15日(木)学生表彰式
  M2の阿部君,D3のKenneth君に「平成23年度奨学・奨励賞」
3月15日(木)18:30~ 北見医師会講堂
  北見市医療福祉情報連携協議会、第3回総会-欠席しました...
3月21日(水)学位記授与式
  M2の阿部君に「電子情報通信学会北海道支部・学生員奨励賞」
3月28日(水) 北見市医療福祉情報連携協議会・北網地域リハビリテーション推進会議主催
  「北見市における退院調整を円滑にする検討会」(端野町公民館)
3月29日(木)北見市医療福祉情報連携協議会主催
 市民フォーラム「安心して医療・福祉を受けられる北見市に」

* * *

阿部恒介,董建,早川吉彦
瞬き波形を検出するための画像処理によるVDT作業時における瞬き回数の計測
Eye blink counter for VDT workers based on image processing techniques
applied to face recognition and eye detection
Medical Imaging Technology(日本医用画像工学会雑誌),Vol.30, No.2: accepted, 2012.

Jian Dong, Atsushi Kondo, Kosuke Abe, Yoshihiko Hayakawa
Successive iterative restoration applied to streak artifact reduction in X-ray CT image
of dento-alveolar region

International Journal of Computer Assisted Radiology and Surgery
(コンピュータ支援放射線医学外科学会雑誌) Vol.6 No.5 , pp635-640, 2011-Sep.
Received: Sep. 15, 2010 / Accepted: Dec. 16, 2010 / Published online at Jan. 5, 2011 /
Published at August 12, 2011 (Sep. issue)

http://www.springer.com/11548


大川貴志,佐川盛久,早川吉彦
ゲーム用入力デバイスを用いた3次元グラクィクスビューワソフトウェアの開発と医用画像表示
医用画像情報学会雑誌,Vol.28, No.2, pp46-50, 2011-June.
http://www.jstage.jst.go.jp/browse/mii/-char/ja 
Received at Mar. 2, 2011 / Accepted at Mar. 25, 2011 / Published at Jun. 22, 2011.

          - - -